ウクレレ

ウクレレってどんな楽器?

ウクレレ教室でレッスンウクレレとは、19世紀にポルトガルの船乗りから輸入された「ブラギーニャ」というギターのような楽器が、ハワイで独自に発達・改良されたものです。
ウクレレの構造は、ハワイの特産品である「コア(koa)」の木が使用されていて、サイズは全部で4種類あります。小さいものからソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと呼ばれており、バリトンギターは音域もサイズもテナー・ギターと同一です。このうちで一般的にウクレレとして使用されているのはソプラノに該当します。
ウクレレはギターのようにくびれていますが、くびれのないものもあり、くびれのないものは「パイナップル型」と呼ばれています。
ウクレレの名前の由来は、「ウク」がハワイ語で「蚤」を意味 し、「レレ」がハワイ語で「飛び跳ねる」を意味しています。この飛び跳ねる、という言葉についてはウクレレを演奏する際に指先が細かく跳ねるような動きになる様子が「蚤が飛び跳ねている」と形容されたものと言われています。
ソプラノはギターから入った場合はフレットが小さく弾きづらいと感じる場合がありますが、それ以上のサイズもあるので、弾きやすいものから選ぶことができることもまた魅力です。ただし、入門用の安価な楽器を希望する場合、そのほとんどはソプラノのサイズしかないため注意が必要です。ソプラノより一回り大きいものがコンサートと呼ばれるもので、これはチューニングなどはソプラノと同様になっていますが、ボディが大きくなっているために音色がより豊かになって おり、ソロ演奏にはより適していると日本ではコンサートも人気になっていると言われています。テナーはそのコンサートをさらに大きくしたもので、ハワイではテナーが主流です。日本で見慣れているソプラノと比べるとかなり大きく、日本人が一見するとウクレレかどうか判断できないこともあるそうです。そして一番大きなバリトンは、やや小さなギターと言える音域・サイズです。
ウクレレはハワイアンミュージックを楽しむ楽器としてはもちろん、J-popの弾き歌いにも適しています。楽器の値段も安価なものから購入でき、音量もほかのものに比べて強すぎないので、練習場所にも困りません。演奏方法も手のちいさな方でも無理がないので、音楽をはじめて習う方でも安心してスタートすることのできる楽器です。また、ウクレレは宴会や結婚式などの余興でも人気があり、一芸を披露するのにはうってつけです。

体験レッスンのお申し込みはこちら

トート音楽教室のウクレレ講師の紹介

木下卓郎(きのしたたくろう)

ウクレレ講師の木下卓郎

プロフィール
担当楽器:ウクレレ
東京自由学園大阪校(現 大阪自由学院)ギター科卒業
ギタリスト森口英次氏に師事。
卒業後、メジャーアーティスト「ワカバ」をはじめ様々なアーティストのギターサポート。自身のバンド活動やブライダルでの演奏を経た後、2009年に上京。
上京後はギタリスト梶原順氏に師事。同氏のアシスタントを努める。
2012年より木下拓郎として個人活動再開。
CM音楽などの制作や、様々なアーティストのサポーターとして活動中。
また2013年からウクレレ、ギター(エレキ、アコースティック、クラシック)、ベース講師としても活動中。

木下卓郎ウクレレ講師からのメッセージ

動画の内容
こんにちは!トート音楽教室、ウクレレ講師の木下です。
ぼくのレッスンは、非常にシンプルでわかりやすいレッスンを心がけてやっております。
例えば日常の生活の中だと、同じことを何回も聞いたりとかすると、ちょっと嫌がられたりしますけど、ぼくのレッスンでは、10回でも20回でも100回でも聞いていただいて大丈夫です。とことんやりますので、是非レッスンを受けに来て下さい。

木下卓郎講師の稼働教室

木下卓郎ウクレレ講師の演奏動画


曲名:アロハオエ (Aloha Oe) 作曲:リリウオカラニ(Queen Liliuokalani/)

教室一覧

音楽をやるためのスタジオだから綺麗で駅近! トート音楽教室がレッスンで使用しているスタジオはどこも駅近でとっても便利。また、しっかりとしたフロントがあり待ち合いスペースもある大手のスタジオだから綺麗で使いやすいところも魅力です。人が常駐しているスタジオなので、治安の面からも安心です!