トート会員5026荻窪声楽教室2016-09-10

upload

ブッファ

荻窪声楽教室でfor the first time in foreverレッスン

残暑の中、演技をしながらのレッスン、お疲れ様でした。でも良い仕上がりになってきましたね!

登場人物のキャラクターを考える

まず最初にキャラクターを考えて自己紹介をしてみました。生徒様本人、雪の女王、今回の主人公アナ。声のトーン、歩き方、腕の置き場所、三人全く違うキャラクターですよね。今までは雪の女王のエルサの歌をレッスンしていたので、この曲になってからも、エルサの動きが残ってました。この事を踏まえて前半を止めずに、通してみました。動きは大分整理できてきました。細かい事ですが、
大事な用事を忘れた時に、一瞬慌てますよね。会えるのは運命の人?と思った瞬間、呼吸が変わりますよね。こういった細かい部分ができると、演技が繋がります。

小道具を使った演出

後半部分は新しい動きを入れました。ショールの使い方を今日は練習してみました。ショールを開くときは手だけではなく体を使うと、観客からみるととても綺麗です。
この調子でいくと来月には仕上げられそうです。頑張りましょう!

声楽講師:(投稿者)

金野 英里
講師:
投稿数:82件
担当楽器:声楽

レッスンノート

カテゴリー:レッスンノート,声楽レッスン,荻窪音楽教室
タグ:
レッスン曲:
レッスンノート:

関連レッスンノート