トート会員5051中野ボイトレ教室2016-05-28

upload

ブッファ

中野ボイトレ教室で発声練習レッスン

今の悩みは「音程が取りにくい」「地声と裏声の区別なく歌えるようになりたい」と伺いました。声を職業にされている生徒様ですから、この先、ずっとプロとして安定したパフォーマンスができるように、お手伝いします!

ボイストレーニングレッスン

まずは、声を聞かせて頂きました。地声は細く高い声ですが、歌声は立派な太めな声です。一、二ヶ月、歌っていないと仰っていましたが、息漏れも無くフレッシュな声です。発声練習して、気づいた事は「お腹を使って」と言われた事を意識しすぎている事、母音が変わっているのにお口の開き方が同じな事です。私の経験上、お腹を使ってと言われると上半身が固くなります。歌を歌う時に、筋肉が表面上固くなる力は入りません。必要なのは体幹そのものです。これは今後、体が勝手にバランスをとってくれるような運動をして、感覚を身につけていきましょう。今日、少し両手を挙げて歌っただけで、少し余分な力が抜けました。この力が抜けるとお顔の緊張もとれると思います。そうすると滑舌もよくなるし、声が遠くまで飛ぶようになります。

今日は発声練習だけで終わりましたが、次回はクラシックの曲と平行はして、レッスンをしていきましょう。
自分で練習する時は、とにかくリラックスして力を抜くよう心掛けて下さいね。来月から頑張りましょう!

声楽講師:(投稿者)

金野 英里
講師:
投稿数:58件
担当楽器:声楽

レッスンノート

カテゴリー:ボイトレレッスン,レッスンノート,中野音楽教室
タグ:
レッスン曲:
レッスンノート:

関連レッスンノート