ドラム

ドラムの体験レッスン

ドラム体験レッスンのお申し込みはこちら

体験レッスンのお申し込みフォームに必要事項を記入して送信して下さい。
トートドラム教室の体験レッスンは、よくある無料体験レッスンにありがちな説明ばかりであまりレッスンが出来ないなんてことはありません!お申し込みから最短3日で普段のドラムレッスンと同じ内容を体験できます。

トート音楽教室のドラム講師紹介

ドラムってどんな楽器?

ドラム教室でドラムレッスンドラムは音楽の最も土台となる重要な楽器です。リズム隊と呼ばれるドラムはライブなどの音響チェックの際に最初にサウンドチェックを行う楽器でもあります。ドラムセットはドラマーによって異なりますが、キック、スネア、ハイハット、タム、シンバルから構成されるドラムの構造は基本的に変わりません。バスドラムを2つにしたスタイルはツーバスといい、メタルなどのジャンルでバスドラムを16分音符で連打したりして使われています。リズム練習では、パラディドルと呼ばれる練習方法やダブルストローク、トリプルストロークなど、細かいリズムを作り出す上で欠かすことのできないテクニックがあります。シンプルな打楽器だからこそ、ごまかしが効かない楽器です。ドラムは左手、右手、左足、右足がすべてバラバラに動くことで複雑なリズムを作り出すことができます。
頭の運動にも良いとされていて、中高年の方が初心者から始められる事も多くあります。
どのようなジャンルの曲でもドラムは楽曲の基礎を作り上げる礎となるべき楽器で、ドラムが中途半端だったり揺れていたりすると曲そのものの完成度が劇的に低くなってしまいます。そのため、ドラマーには常に正確なリズム感覚とテクニックが求められます。アクションやそのダイナミックな動きから派手な楽器とも思われがちですが、地道に確かに練習して「なんとなく」ではない正確なテクニックを身につける事が要求させる楽器です。
ドラムの現在の形が出来上がるまでの歴史は浅く、その起源は欧米の軍隊の軍楽隊だと言われています。始めは身体にいわゆるバスドラムだけをつけて演奏するスタイルだったものに、まずシンバルを付けるという発想が生まれました。その後、足でバスドラムを打つペダルが発明され、今のドラムセットに近い形になりましたが、劇的にマーチングバンドの延長線上のリズム隊からドラムセットへの変身を遂げたのはハイハットの登場です。左足の足元のペダルを操作することで二枚のシンバルが重ね合わせられて音を奏でるハイハットは、二枚のシンバルの開閉具合によってストロークの際の音が変わってきます。もともとは単独で存在していたこのシステムを改良してドラムセットに組み込んでから、近代的なドラムセットならびに様々なスタイルのビートが生み出されるようになりました。

ドラム教室一覧

音楽をやるためのスタジオだから綺麗で駅近! トート音楽教室がレッスンで使用しているスタジオはどこも駅近でとっても便利。また、しっかりとしたフロントがあり待ち合いスペースもある大手のスタジオだから綺麗で使いやすいところも魅力です。人が常駐しているスタジオなので、治安の面からも安心です!